採用面接で面接官が求職者に聞いてはいけない質問内容と質問例



採用面接は面接を受ける側からすると専門の人がいるように思うかもしれませんが、普通の社員が採用面接を担当させられる事があり、採用面接で聞いてはいけない質問について知らない人も参加している可能性はあります。

本籍地や出生地、家族状況としてご両親の職業や地位などは「本人に責任のない事項」として質問することが禁止されています。

また、採用時に、戸籍謄(抄)本や本籍が記載された「住民票(写し)」を提出させることもダメです。

他には、家族に関すること(職業、続柄、健康、地位、学歴、収入、資産など)
住宅状況に関すること(間取り、部屋数、住宅の種類、近隣の施設など)
生活環境・家庭環境に関すること

が採用面接で聞いてはいけない質問になります。

もちろん、質問される側がこの事を知らなければ問題になる事はないのですが、これらの質問をしてしまった会社が面接の後にクレームを受けるという事例もあります。

そのような事が続くと会社のイメージがダウンしてしまいます。
そのため「面接官は会社の顔である」と言われているのです。


面接官が聞いてはいけない質問例

・本籍地に関する質問の例
「あなたの本籍地はどこですか。」
「あなたのお父さんやお母さんの出身地はどこですか。」
「生まれてから、ずっと現住所に住んでいるのですか」
「ここに来るまでどこにいましたか。」

・家族に関する質問の例
「兄弟(姉妹)は何人ですか。両親はいますか?」

・本人の自由であるべき事項
「宗教」に関すること
「支持政党」に関すること
「人生観・生活信条など」に関すること
「尊敬する人物」に関すること
「思想」に関すること
「労働組合(加入状況や活動歴など)」、「学生運動などの社会運動」に関すること
「購読新聞・雑誌・愛読書など」に関すること

上記の事は本人の自由であるべき事なのに、面接で質問しては採用されたいために自分の意思とは違った答えを返さないといけなくなる可能性があるため、面接の質問では避けましょう。

実際に採用面接でしてしまった聞いてはいけない質問例

・「現在は○○にお住まいなのですね。生まれはどちらですか?」
・「ご家族はどんなお仕事をされているのですか?」


面接者が言ってはいけない面接の答え

何か質問がありますか?という質問に対して下記のような質問はNGです。

・ありません
やる気、会社への興味がないと思われる

・御社の企業理念は何ですか?
・どのような商品を取り扱っていますか?
・主要取引先はどのような企業がありますか?
・御社の売上高を教えてください。
・御社の強みは何ですか?

上記のような調べればわかる質問をするのは調査不足、会社への興味がないと思われるためNGです。

また、勉強できる環境がありますか?
能力を伸ばしてくれる環境ですか?
など会社に依存しているように感じられる事も言わないほうがいいでしょう。
勉強や能力アップは自身で行う姿勢である事を見せるほうが好印象です。

あとは労働条件についての質問も面接ではなるべく避けたほうが無難です。
面接官としては仕事内容よりもそちらのほうに関心事があるのか、と思われてしまいかねません。

採用辞退を招く不快感を与えてしまう質問

・彼氏(彼女)はいますか?
・血液型は何型ですか?
・休日は何をして過ごしていますか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です