漫画を描いてお金を稼ぐ方法、絵やイラストでの稼ぎ方



原稿料をもらってお金を稼ぐ方法

プロ漫画家の多くは原稿料で稼いでいます。
漫画の単行本を含め、本が売れなくなった時代とはいえ、連載漫画家は1ページ当たりの原稿料があるので収入は安定します。

ただ、原稿料は漫画家によってかなり差があるらしく、長く続けている漫画家ほど高くなるようです。

また、最近では漫画雑誌や週刊誌ではなくwebのみでの連載もあるようですが、雑誌と比べると原稿料はかなり安めになるようです。

あとは同じ漫画家でも4コマ漫画は通常のコマ割り漫画より原稿料が安くなるようです。

印税をもらってお金を稼ぐ方法

昔ほど本が売れなくなったとはいえ、ファンの多いベテラン漫画家の多くは印税で稼いでいます。

もちろん、ベテラン漫画家は新人漫画家より多くの原稿料をもらっているでしょうがその原稿料以上にアシスタント代を使っている漫画家も多いらしく、実質、印税が収入源という漫画家も多いようです。

現在は電子コミック専門で出版しているところも多く、個人でも電子コミックを出版する事ができます。


漫画ブログ運営の広告収入でお金を稼ぐ方法

原稿料をもらう連載漫画家でなくても漫画が描けさえすれば、ブログ運営でお金が稼げる可能性があります。

ブログ運営の収入源はアフィリエイト広告などの広告収入になりますが、広告収入はアクセス数が多いほど上がるので、収入はモチベーションになります。

アクセスが少ない内は収入がないのでつらい所はありますが、漫画雑誌連載などと比べると、締め切りはないし、自分の好きに描けるし、打ち切りも自由に決められるメリットがあります。

広告漫画制作の報酬でお金を稼ぐ方法

広告漫画とは、商品紹介などの漫画の事で、様々な会社がつくっていたりします。

基本はナインピースなど、広告漫画を制作している会社に漫画家登録して仕事がくるのを待ちます。

それ以外だと、クラウドワークスなどで広告漫画を募集している所に申し込むか、直接企業に漫画家として就職するかですね。

広告漫画の場合は、キャラクターやおもしろさより紹介のわかりやすさが重視される傾向にあります。


漫画投稿サイトへ投稿して広告収入を得てお金を稼ぐ方法

現在、かなりの数のユーザー投稿型ね漫画投稿サイトがありますが、その中のいくつかは広告収入を還元してくれるシステムを導入しています。

広告収入を還元してくれるシステムがある漫画投稿サイトは「こちら」で紹介しています。

基本的に漫画投稿サイトは複数サイトへの同じ作品のアップロードは許可していますし、自分のブログ+漫画投稿サイトへも投稿でいいと思います。

ただ、漫画賞へ出したい作品は公開しないようにした方がいいでしょう。

ただ、広告収入は有効期限を設けているところもあるため注意してください。

クラウドソーシングで仕事を募集して報酬を得てお金を稼ぐ方法

素人が漫画やイラストで収入を得るのに最も簡単な方法だと思います。

というのも、漫画やイラストの仕事でプロだと絶対受けないような安い単価での仕事が結構あるからです。

コンペのものは単価も高くなっていますが、結構な数の中から一つだけ選ばれるので、よほど自信のあるジャンル以外はおすすめしません。

確実に収入を得られる仕事の方が個人的にはモチベーションが保てるのでおすすめです。

ユーチューブへ漫画を投稿して広告収集でお金を稼ぐ方法

いわゆる漫画家ユーチューバーです。
漫画を動画へ編集する手間はありますが、ブログ運営よりもアクセスが集めやすいというメリットがあります。
場合によっては声優さんをやとって音声を入れるなど工夫しだいで静画よりもおもしろくできると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です