ロリポップ、さくらインターネットレンタルサーバでの無料SSL化とhttpsリダイレクトの設定方法



少し前から検索エンジン大手のグーグルがURLのSSL化を推奨しています。
SSL化とはURLが「http://」で始まるのではなく「https://」で始まるURLにする事で、SSL化をするとURLに鍵マークがつき、発行元がはっきりしているという意味でセキュリティ上よろしいホームページであると訪問者に教えてくれます。

そしてSSL化にはホームページ製作者側にもメリットがあります。
それはグーグルがSSL化しているホームページは検索順位を上げる、といっているからです。

どれくらい、どの程度効果があるかはわかりませんが、SSL化を進めたいグーグルとしてはそうでも言わないとSSL化してくれないので言っている面もあるでしょう。

ただ、ホームページ製作者としてはURLが「HTTPS~」になるとすでにインデックスされているURLから変わるわけだから検索順位は1からインデックスし直しになり、むしろ順位は下がったりインデックスされなかったりとデメリットがあるんじゃないの?と思う人も多いと思います。

もちろん、そんな不安を抱えたままではみんなSSL化してくれないため、グーグルはHTTPS化したホームページは検索順位を下げないどころか上げるし、httpからhttpsへリダイレクトする設定にしても、検索評価をそのままhttpsへ受け渡しするだけで順位は下がらない、といっています。

そんなわけで検索順位を気にする人はhttps化しておきましょう。


ロリポップレンタルサーバーでの無料SSL化方法

ロリポップレンタルサーバーで無料SSLを設定するには、まずSSL化したいURLでの証明書発行手続きを行います。
ロリポップにログインし、ユーザー専用ページから「セキュリティ」「独自SSL証明書導入」へと進みます。

そのページで最初「SSL保護されていないドメイン」のタブが選択されていると思いますので、そのドメインの一覧からSSL化したいドメインを選択し、右側の「独自SSL(無料)を設定する」ボタンを押せば申請が完了となります。

すると数十分から一時間ほどで設定が完了し、申請したドメインは「SSLで保護されているドメイン」へ移動します。

次に、そのドメインのURLをブラウザで確認し、「http」を「https」でも見れるようになっているか確認します。
見れるようになっていればSSL化は完了で、同じ手順で他のドメインもSSL化します。

ロリポップレンタルサーバーでのhttp→httpsへのリダイレクト設定

次に、httpのURLでアクセスしてきたユーザーが常にhttpsのURLでホームページを見れるようにリダイレクト設定を行います。

ホームページのルートフォルダに「.htaccess」というテキストファイルを作成し、下記の内容をコピーして保存します。



RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]


ルートフォルダへのアクセスは、「FFFTP」などのFTPソフトを使うか、ロリポップのユーザ専用メニューから「ロリポップFTP」を選択してアクセスします。

ワードプレスサイトの場合、すでに「.htaccess」ファイルがあると思いますので、上記のコードに内容を書き換えます。

最後に「http~」のURLからアクセスし、「https~」のURLにリダイレクトできるか確認します。


さくらインターネットでの無料SSL化方法

ロリポップと同じで、まずSSL化したいURLでの証明書発行手続きを行います。
さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインし、ドメイン設定から「ドメイン/SSL設定」へ移動し、SSL化したいURLの「証明書」欄の「登録」をクリックします。
次ページで無料SSL設定をし、申請を完了したらロリポップと同じく数十分から一時間ほどで設定が完了します。

完了したドメインは「証明書」が「更新」になっています。

次に、そのドメインのURLをブラウザで確認し、「http」を「https」でも見れるようになっているか確認します。
見れるようになっていればSSL化は完了で、同じ手順で他のドメインもSSL化します。

さくらインターネットでのhttp→httpsへのリダイレクト設定

次に、httpのURLでアクセスしてきたユーザーが常にhttpsのURLでホームページを見れるようにリダイレクト設定を行います。

ロリポップと同じですが、ホームページのルートフォルダに「.htaccess」というテキストファイルを作成し、下記の内容をコピーして保存します。



RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]


ルートフォルダへのアクセスは、「FFFTP」などのFTPソフトを使うか、コントロールパネルの「ファイルマネージャー」を選択してアクセスします。

最後に「http~」のURLからアクセスし、「https~」のURLにリダイレクトできるか確認します。


One thought on “ロリポップ、さくらインターネットレンタルサーバでの無料SSL化とhttpsリダイレクトの設定方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です