天然ミックスボイスの歌手、芸能人、天然ミックスの特徴を解説






安田大サーカスクロちゃん

天然ミックスボイスの特徴は喋る声が高い。
アニメ声、喋る時の声と歌う時の声が大きく変わらない、だと思います。

クロちゃんはあきらかに喋る時の声が高いですし、地声がないと言っていたので天然ミックスボイスだと思います。

また、元々歌手を目指していたそうですが、ちゃんと歌ってるところは聞いた事ないですね。

天然ミックスボイスは高音は得意ですが、低音が苦手な人が多く、一般的な歌は以外と下手に歌ってしまう人が多かったりしますが歌手を目指している人の場合、天然ミックスボイスでも低音の歌い方に慣れていてうまい事が多いので一度聞いてみたい気もしますね。

ちなみに、天然ミックスボイスでもっとも高い領域のものをヘッドボイスといいますが、クロちゃんはしゃべってる声がヘッドボイス並に高いです。
ただ、さすがにテレビでは多少おおげさに高く喋ってるかもしれませんが。


T.M.Revolution西川 貴教

この人も喋る声が結構高いですね。
非常に歌唱力もあると思いますが、声質からか、下手だと感じる人もいるようです。

自分がこの人の歌を聞いて感じたのが、自分の歌はうまいのに、他の人の曲をカバーすると下手に聞こえる事があるな~というものでした。

と言ってもその頃は20代の若い頃だったので、今はもっとうまくなってるかもしれませんが、近頃は女性でも男性の声にしか聞こえない声で歌う技術を持ってる人もいるくらいなので、練習すれば天然ミックスボイスでも地声出したり低音をうまく歌ったりできるんだと思います。

DA PUMPのISSA

かなり高いキーを踊りながら歌っている事もありますが、ラップと歌ってる時の声がほとんど変わらないので天然ミックスボイスだと思います。

ただ、デビュー当時の十代はあまり高いキーが出ず、踊りながら歌ってるのもあってかよく喉を壊していたそうです。
確かにラブソティーブルーあたりの時は今とは全然違うガラガラ声で歌っている事もありました。
ただ、年齢が行くほど高い声が出るようになったそうで、喋ってる声も昔より高くなっているような気がします。

ミックスボイス自体に声帯の閉め具合から高さの程度があるように天然ミックスボイスにも程度があって、年齢や環境によって変わっていくのかもしれません。


Gackt(ガクト)

声は低めに聞こえますが、喋ってる時と歌ってる時の声が同じに聞こえるのと、アニメ声に聞こえるので天然ミックスボイスかと思いました。
地声に近い低めの天然ミックスボイスかと思いますが、

スピッツの草野マサムネ

あまりテレビに出ないのでちょっと記憶があいまいですが、喋ってる声はそんな高くなかったように思いますし、歌ってる声と喋ってる声も違ったように思ったので個人的には違うと思うのですが。

トレンディエンジェルのタカシ

歌ってる所は聞いた事ありませんが、地声にしては声が高いように思いますので、天然ミックスボイスだと思います。

ジャパネットタカタ社長

かなり甲高い声でいつも喋っていますが、おそらく意図的にというより天然ミックスボイスによるものだと思われます。

浜田雅功

声がそこまで高いイメージはないですが、歌ってる時と喋ってる声がほぼ同じなので天然ミックスボイスの可能性は高いと思われます。

さかなクン

完全に天然ミックスボイスですね。
アニメ声ですし、かなり声が高い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です