天職の見つけ方、幸せになれる仕事の選び方、探し方を解説


天職とはその人にとって下記のような事を感じる仕事です。

・毎日がイキイキして、仕事に対して高いモチベーションで取り組める
仕事が楽しいのでやる気に満ち溢れます。

・仕事をもっとやりたい思う。
結果的に収入も上がり、生活も豊になります。

・自分の存在価値を実感できる。
自分のやるべき事が見え、生きがいを感じます。

・他人に良い影響を与えられる。
仕事が充実することで私生活も充実し、他人にやさしく良い影響を与えられる人間になります。


天職を見つける方法

・あなたが自然に習慣のようにしている事を仕事にする
人はたとえ最初は苦手な事だとしても、毎日のようにやっていれば誰でもうまくなっていきます。
だから習慣のようにしている事は職人並にうまい事なのです。

・いくらやってもあきない、楽しい事を仕事にする
自分に「時間を忘れるくらいハマったものは?」と問いかけてみましょう。
そしてその事を仕事にできないか、またはすでに職業としてないかを考えてみます。

例えばゲームが好きな人には「プロゲーマー」の仕事がありますし、話を作るのが好きな人は小説家やライターなどが天職かもしれません。

そういったものがない人に対しては、有名人ホリエモンは、「とにかく色んなことをやりまくるしかないでしょ。いつ見つかるかは時の運だよ」と言っています。

いろんな事を経験することで、過去天職でない、とやめたものも「実は自分にあっていたかも」と見直すきっかけになります。
逆に一つの事しかやっていない人はそれが天職なのか、自分に合っているのかなどわかりようがないのです。


そして、いろんな仕事を経験した上で、下記のようなインスピレーションがわいた仕事は天職の可能性があります。

・どうしてもこれがやりたい!

・この仕事をしている自分はこの上ない喜びを感じる

・この仕事は自分が特に役に立てる。人と違う貢献ができる。

・この仕事をやっている自分を想像するとしっくりくる。

・この仕事は自分に向いている気がする。

・とても気になる、ワクワクする

・プライベートと適合する仕事である

ここで大事なのは天職は一つではないという事です。
だからこそ、いろんな経験をする事が大事なのです。

しかし、転職は歳をとるほどやりにくくなるため、なるべく早く、若いうちにいろいろ経験しておくべきです。
それに、若くして天職につければ、それだけ残りの長い人生を天職とともに生きていく事ができます。

いろいろ経験した上で、まだ天職がわからない人は下記の問いかけを自分にしてみましょう。

・子どもの時、一番夢中になっていたことは?

・最も時間とお金を使っていることは?

・あと1ヶ月で人生が終わるとしたら、何をしたい?

適職が天職とは限らない

他人からこの仕事向いているよ、と言われたり、うまくこなせる仕事は適職かもしれませんが、天職とは限りません。
自分が高いモチベーションを維持できたり、楽しく続けていけ泣ければ天職には当てはまらないからです。

逆にどうしてもやりたい仕事があるけどスキルが足りない・・・と思っていても、高いモチベーションを保てる仕事であれば、勉強をする、または実際に仕事をすることで数年後には十分なスキルが身についているものです。

そのように、高いモチベーションに引っ張られるため、スキルアップの速度が速い、というのも天職の特徴です。

逆に適職であっても天職でない仕事がスキルアップが緩やか、またはずっと一定のままの可能性があります。

そのため、将来的な事をいえば、適職より天職についたほうが幸せになれる可能性が高いと言えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です