脳に良い刺激を与える方法一覧


頭の中で考えるのではなく、「言葉に出して言う」

この方法は主に「同じミスを繰り返す」という方にオススメ出来る方法です。

同じミスを繰り返す人というのは、「こうすれば同じミスを防ぐ事が出来る」と、想像する能力に欠けているのです。
したがって、同じミスを何度も繰り返し、その中で自己嫌悪に陥っている人が多いのです。

ならば、ベッドの中で「こんなミスがあった。同じミスを繰り返さないためには、ここの確認作業をしっかりやっておけば良い」と、言葉に出して言っておきましょう。

睡眠を十分にとる

1日の情報を整理するために脳は睡眠時間を利用します。
なので身体から眠気を感じるようであれば、身体の反応に素直に従うこと。

「そろそろ情報整理をさせてくれないか?」
と脳からのメッセージなので、何らかの眠気を感じたら脳を休ませてあげることが大切です。


足・手・口をよく動かす

散歩など軽い運動、部屋の片付け、料理、ガーデニング、挨拶+一言、音読10分程度。
頭をそんなに使っていないようでも体を動かすことで脳に刺激を与えられます。
しゃべることも効果的です。

ひらめきが脳を活性化

例えば、TVを見ていてあの人、誰だっけ。顔は思い出せるんだけど…となった時、「まぁいいや」とあきらめないで、「思い出そう」と思い出すようにします。そして思い出せた瞬間のこのひらめきが脳に良いということですね。
だから、時間をかけてでも忘れたものは思い出したほうが良いそうです。
『ひらめき』はその瞬間、脳の神経細胞同士の回路をつなげてくれます。

脳にいい刺激を与える習慣

・精神的・肉体的に怖いと感じる経験をする

・人前で恥ずかしい経験をする

・恋愛、失恋をする

・妄想をする

・指を使った細かい作業をする

・常に新しいことを学ぶ

・行ったこの無い土地を旅行する

・情熱を感じることを見つけその分野のエキスパー トになる 

・歌を歌う

・五感の一つ一つに意識を集中してみる

・不安、恐怖、イヤに感じることなどの良い面を 探し見てみる

・自分より頭の良い人と積極的に接する

・いつもと違う道を通るなど、積極的にいつもと 違う行動をする

・精神的・肉体的に怖いと感じる経験をする


脳に空間的な刺激を与える

脳の中の記憶を司る部位は『海馬』と呼ばれます。
海馬が活性化すればそれだけ記憶力が上がるといっても過言ではありません。

海馬が最も活性化するのは、空間的な情報による刺激です。文章だけで暗記するよりも、図やイラストを見ながら暗記したほうがはるかに覚えやすいのは経験があるのではないでしょうか?

テキストの中身だけでなく、単純に部屋の中で移動するだけでも海馬を活性化する効果があります。

脳を成長させる方法る

① 互いに無関係な知り合いの共通点を探す

② 1日20分の「暗記タイム」をつくる

③ 新語・造語を考えてみる

④ 朝、前日に起きた出来事を3つ思いだし、覚えておく

⑤ 日曜日、翌週の予定をシミュレートしてみる

⑥ その日のベスト&ワースト発言を選ぶ

⑦ ガイドブックを持たずに旅行している

⑧メールをやめて手書きをする

⑨普段いかない街にいくなど新しい環境を経験する

⑩独り言をいう:ギリシャで行われた研究によると、ブツブツ独り言をいうことで頭の働きが活性化されるそう

⑪仕事はカフェでする:イリノイ大学が行った研究によると、人間は図書館のようにシーンとした場所よりも、カフェなど適度な雑音がある場所のほうが頭脳の働きがよくなるそう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です