バスケットボールの基本ルールとポジションごとの役割


コート

バスケットコートの画像

バスケットボールのコートは縦28m×横15m、ラインは白色で幅5cmと決められています。
ラインはコートに含まれず、ラインを踏むとアウトになることに注意しましょう。
センターラインの中央には半径1.8mのセンターサークルを描きます。
フリースローラインは、エンドライン内側からフリースローラインの遠い方の縁まで5.8m、長さは4.9mです。
スリーポイントラインは、サイドラインに向かって6.6m、センターラインに向かって6.75mの位置におおよそ半円で描かれています。

バスケットとバックボード

バスケットリングの画像

バスケットリングの内径は45~45.9cmで、ボール2個分より少し大きいくらいです。
リングの高さは床から上縁まで3.05m、太さは直径16~20mm、オレンジ色の鋼鉄製と決められています。
リングの内側からバックボードの表面までは14.9cm~15.3cmです。
バックボードは、縦1.05m×横1.8mで、表面がエンドライン内側から1.2mに位置します。


バスケットボール

ボールの素材は皮革、合成皮革、またはゴムとされています。
サイズは中学生以上の男子のゲームでは、7号サイズで直径24cm。
中学生以上の女子のゲームでは、6号サイズで直径23cm強とされています。

チーム

試合は5人ずつの選手からなる2チームで行われ、負傷や退場で人数が減っても片方のチームが1人になるまでは続けます。
5回ファウルをうけた選手は、以後、ベンチにいることは許されますが、その試合には出場できず、交代要員と代わります。

キャプテンとコーチ

バスケットボールでは、コーチによって指名されたキャプテンだけが、審判に説明を求めることができます。
コーチは、試合10分前までにメンバー表を、5分前までに先発メンバーの5人をスコアラーに伝えます。
また、試合中に立って指示を与えたり、タイムアウトを請求することができます。


ポジション

バスケットボールでは、ポジションに競技規則はありませんが、基本的なチーム構成は、ガード2人、フォワード2人、センター1人です。
ガードはポイントガードとシューティングガードに分けられ、フォワードはスモールフォワードとパワーフォワードに分けられます。
ポジションごとの役割は下記のようになっています。

ポイントガード(PG)

ゲームの流れを組み立て得点を演出する司令塔の役割

シューティングガード(SG)

ロングシュートで得点を稼ぐ点取り屋

スモールフォワード(SF)

柔軟かつ万能なプレーが求められる攻守の要、ガードに近い役割

パワーフォワード(PF)

ゴール近くに位置するオールラウンダー、センターに近い役割

センター(C)

ビッグマンとも呼ばれる高い身長とパワーが必要とされる

競技

バスケットボールの試合は、1回10分の区切りで4回行い、同点だったときは、1回5分の延長時間を必要な回数行います。
最初はジャンプボールでボールがジャンパーによってタップされたときに試合が開始されます。
それ以外は、スローインされたボールがコート内の選手に触れたときに開始されます。

ジャンプボールは、ボールが最高点に達してからタップしないといけません。
ジャンパーは2回までならタップ可能となっています。

スローインはボールを5秒以内に手離さなければならず、直接ゴールはできません。
また、スローインする選手が動けるのは1m以内と決められています。
違反をすれば相手チームのスローインとなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です