役に立つExcel2016の便利機能一覧と、OneDriveの使い方紹介


ここではExcel2016の便利な便利機能を掲載しています。

表示倍率を変更する

ワークシートの文字が小さすぎて読みにくい場合や、表を大きすぎて全体が把握できない場合、表示倍率の変え方を知っていれば便利です。
その一番簡単な方法がExcel右下のズームスライダーを利用する方法です。

Excelのズームスライダーの画像

Excelの右下には現在の表示倍率が「100%」のように表示されていて、その横のスライダーをスライドさせることで表示倍率を下げたり上げたりできます。

表に名前を付ける

Excelでは、特定のセルやセル範囲に名前を付けることができます。
名前を付けることで、数式の中でセル参照のかわりに利用することができます。

やり方は、名前をつけたいセル、またはセル範囲を選択して、「数式」タブをクリックし、「名前の定義」ボタンをクリックします。
するとダイアログが表示されますので、そこで「名前」のらんに付けたい任意の名前を入力してOKホタンを押せば完了です。


文字サイズやフォントを変更する

文字サイズやフォントを自由に変更する方法を紹介します。
まず、変更したいセルをクリックして選択し、「ホーム」タブの「フォント」の欄にある数字を大きくすると文字サイズが大きくなり、小さくすると文字サイズが小さくなり、その横のフォントを変更することでフォントも変更できます。

文字列を検索する

大量のデータが書いてある表から文字列を見つけ出したい場合、1つ1つ見て探していくのは時間がかかります。
そこで検索機能を使います。
まず、表内のいずれかのセルをクリックし、「ホーム」タブの「検索と選択」をクリックし、表示されたダイアログのテキストボックスに検索する文字列を入力して「次を検索」を押せば、入力した文字列が書いてあるセルにカーソルが移動します。
もう一度「次を検索」を押せばその次の一致するセルにカーソルが移動します。

指定した範囲だけを印刷する

1つのワークシートの中でも指定した範囲だけを分割して印刷したい場合、印刷範囲に設定する範囲を選択しておいて、「ページレイアウト」タブをクリックし、「印刷範囲」ボタンをクリックして、「印刷範囲の設定」ボタンをクリックすると、選択していた範囲が印刷範囲に設定されますので、「ファイル」タブから印刷へと進みます。


グラフの種類を変更する

グラフの種類はグラフを作成したあとでも変更することができます。
まず、種類を変更したいグラフをクリックして選択し、「デザイン」タブの「グラフの種類を変更」ボタンをクリックします。
表示されたダイアログから変更したいグラフの種類を選択してOKボタンをクリックすれば完了です。

OneDriveを利用する

OneDriveを利用すれば、自分のパソコンで作成したExcelファイルをインターネット上に保存して、別のパソコンからファイルを閲覧、編集したり、必要であれば、他の人とファイルを共有することができます。
また、OneDriveを利用するには、MicrosoftアカウントでWindows10にサインインする必要があります。

まず、OneDriveに保存したいExcelファイルをコピーして、エクスプローラーの左側にある「OneDrive」をクリックします。
次に「ドキュメント」をダブルクリックして開き、「ホーム」タブをクリックして貼り付けをすると、OneDriveにExcelファイルがアップロードされます。

次にブラウザの「Microsoft Edge」を起動し、「http://onedrive.live.com」のURLへ移動し、OneDriveを表示させます。
次に先ほどファイルを保存した「ドキュメント」をクリックし、「Excel」ファイルがブラウザに表示されていればアップロードは正しく行えています。
次にブックを共有するには「Microsoft Edge」のOneDriveで共有したファイルの右上をクリックしてチェックをいれ、上部の「共有」をクリックします。
表示されたページで「宛先」にファイルを共有したい相手のメールアドレスを入力します。
次に何かメッセージを入力して、その下の「受信者に編集を許可する」で共有者の権限を選択し、「共有」ボタンを押します。
すると、ファイルが共有され、相手に共有した旨のメールが送信されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です