J.A.シュンペーターとは、著書や名言、イノベーションの定義


ヨーゼフ・アリス・シュンペーター(1883~1950)とは、ケインズと並ぶ20世紀の代表的な経済学者です。
オーストリア・ハンガリー帝国、モラビア地方の織物工場主の家に生まれました。
早熟の天才といわれ、ウィーン大学で方角と経済学を学びました。
チェルノビッツ大学、グラーツ大学教授を経て、第一次大戦後のオーストリアで蔵相、銀行総裁などを歴任。
ポン大学教授に迎えられましたが、1932年には渡米、ハーバード大学教授に就任しました。
シュンペーターは資本主義経済の本質を追求し続け、イノベーション、創造的破壊の嵐、に象徴される循環、発展理論に結実させた。
「理論経済学の本質と主要内容」「経済発展の理論」「景気循環論」「資本主義・社会主義・民主主義」などの著書があります。

シュンペーターは、一世を風靡したケインズ革命に対する最強の批判者でした。
「マルクスと同様、われわれはケインズもまた、彼の社会観が間違っており、彼の個々の命題のどれもが欺瞞的なものであると見なす場合でも、その業績を賞賛することができるのである」
ケインズの「一般理論」について、彼はこう書きました。


資本主義の抱える不安定さをケインズが指摘した点を高く評価する一方で、その理論は短期的な変動を見る部分的なものであり、安易な政策介入は結局、企業家の行動を萎縮させ資本主義の崩壊を招く、と経済理論と政策を結びつける姿勢を非難しました。
「ケインズは有用性の呪いにとりつかれている」と述べたともいわれています。
常に強力なライバルとして、異なる視点から資本主義経済をとらえる姿勢を変えなかったのです。

シュンペーターは、抜群の記憶力に恵まれ、早くからラテン語、ギリシャ語などの古典語に加えフランス語、英語、イタリア語を学び、歴史を好みました。
25歳で古典的大著「理論経済学の本質と主要内容」を上梓、26歳でチェルノビッツ大学の最年少教授になりました。

シュンペーターの代表作の1つ「資本主義・社会主義・民主主義」が日本語に訳され、出版されたのは1962年のことです。
それからおよそ40年、この本は実に30数回の増刷を重ね、今日に至っています。
決して読みやすいとはいえないこうした経済書の古典が、現実の経済社会がめまぐるしく変化する中で静かに支持され続けたということは、実に驚くべきことといえます。
このことは、シュンペーターの経済学が日本では経済学の専門家のみならず、実に幅広い層にわたって根強い人気を得てきたことを物語っています。


シュンペーター、イノベーションの定義

イノベーションとは
「いくら郵便馬車を列ねても、それによって決して新しい鉄道を得ることはできない」
・イノベーションとは広義には「革新」を意味する。

シュンペーターの定義
イノベーションとは「新結合」である
①財貨すなわち商品(サービスを含む)のイノベーション
②生産方法のイノベーション
③販路(流通・マーケティング)のイノベーション
④原料・半製品の供給源に関するイノベーション
⑤組織のイノベーション

イノベーションの特徴
・イノベーションには不確実性が伴う
– その評価は難しく,抵抗を伴う。
・イノベーションは漸進的なものも、急激なものもある。
・「いくら郵便馬車を列ねても、それによって決して新しい鉄道を得ることはできない」
• イノベーションの成否は市場によって決定される。
– どんなに革新的な技術があっても、市場に受け入れられなければイノベーションではない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です