ワードプレスでのサイトマップの作り方


ワードプレスでサイトマップを作るには、プラグインを使えば簡単にできます。
まず、サイトマップを作りたいワードプレスサイトの管理画面を開き、「プラグイン」の「新規追加」へ進みます。
そこで、「プラグインの検索」と書かれたテキストボックスに「All in One SEO Pack」と入力してエンターキーを押します。
すると、一覧に「All in One SEO Pack」のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」を押して「有効化」します。

「All in One SEO Pack」はSEOに関することを簡単に設定できるプラグインで、サイトマップも簡単に作れるようになります。

有効化し、ワードプレスの管理画面を再読み込みしたら、ダッシュボードの下に「All in One SEO Pack」のメニューが追加されていますので、クリックし、「Feature Manager」をクリックします。
ワードプレスでのサイトマップの作り方1

表示された画面で「XML Sitemaps」の下にある「Active」をクリックしましょう。

ワードプレスでのサイトマップの作り方2

これでサイトマップが自動で作成されるようになります。


次に、サイトマップの設定を行っていきましょう。

先ほどのダッシュボードの下にある「All in One SEO Pack」のメニューに「XML Sitemap」が追加されていますので、それをクリックすると設定画面になります。

ここではデフォルト設定を少し変更します。
バージョンによってデフォルトのチェックは違うと思いますのでそのままでいい場合もあります。

まずは、「Notify Google」と「Notify Bing」にチェックを入れましょう。
これは、検索エンジンのグーグルとビングにXmlの通知を行うかどうかの設定です。

あとは、「Post Types」と「Taxonomies」でサイトマップのURLに含めたい項目にチェックを入れ、URLにはずしたい項目のチェックをはずします。

最後に、「Link From Virtual Robots.txt」と「Dynamically Generate」にチェックをいれます。


「Link From Virtual Robots.txt」はRobots.textにサイトマップリンクを追加します。

「Dynamically Generate」動的にサイトマップを生成します。

チェックができたら、一番下までいき、「Update Sitemap」にチェックを入れます。

これでサイトマップが更新されます。
サイトマップを確認したい場合は、「http://ワードプレスサイトのURL/sitemap.xml」で確認できます。

サイトマップを手動でグーグルに通知したい場合は「ウェブマスターツール」を使います。

ウェブマスターツールにワードプレスのサイトを登録できたら、「クロール」メニューから「サイトマップ」へ進み、「サイトマップの追加/テスト」でサイトマップを送信できます。
テキストボックスには「sitemap.xml」とだけ入力し、送信しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です