結婚式の披露宴でスピーチをする時のポイントと例文


結婚式の披露宴でスピーチを依頼されたら

スピーチを依頼されたら、事前の準備をしっかりしておきましょう。
話したい内容を原稿にまとめ、声に出して練習しておくと、自信をもってのぞめます。
新郎新婦との関係によって、スピーチの内容も変わってきますが、基本となる構成ポイントは同じです。

スピーチの時間は主賓で3~5分間、友人や同僚で2~3分間が一応の目安です。
長すぎるスピーチは嫌われるので注意しましょう。
400字詰め原稿用紙1枚分が、ゆっくり話すなら1分間のスピーチに相当します。


披露宴でのスピーチのポイント

・お祝いのことば
新郎新婦や両親へのお祝いのことばを簡潔に述べます。
例文:「○○君、□□さん、本日はおめでとうございます。ご両家のみなさまにも心からお祝いを申し上げます。」
など

・自己紹介
自分の名前と新郎新婦との関係を簡単に説明します。
例文:「ただいまご紹介いただきました○○と申します。新郎の□□君とは小学校以来の付き合いで、ずっと親しくおつきあいさせていただいております。」
など

・具体的なエピソードを紹介
新郎新婦が知り合ったきっかけ、または新郎新婦の人柄がよくわかるエピソードなどを具体的に紹介します。
ここがスピーチのクライマックスになるよう、盛り上げましょう。

・アドバイスや励ましのことば
今後の新しい生活に向けて、アドバイスや励ましのことばを述べます。
例文:「ふたりで力を合わせ、明るい家庭を築かれることを願っております。」
など

・祝福のことば
お祝いのことばと同じようなことばでもかまわないので、最後は祝福のことばでしめます。
例文:「おふたりの幸せを心より願っております。本日はおめでとうございます。」
など


立場ごとのスピーチの違い

主賓のスピーチ
主賓に求められているのは、豊かな経験に裏打ちされた、人生の指針となるようなことばです。
アドバイスや励ましのことばを中心に作り、場合によっては、具体的なエピソードは省いてもよいでしょう。
招待客としては、トップの出番となります。
ここで長くなると、披露宴そのものの進行に影響するので、3分間以内に納めましょう。

会社の上司・同僚のスピーチ
新郎新婦の仕事ぶりや、社会人としての様子が伝わるエピソードを中心に構成します。
エピソードが多いと散漫になるので、1つか2つにしぼりましょう。
また、上司なら、人生の先輩として、仕事や私生活についてのアドバイスを添えたいものです。
逆に、失敗談などは、ほほえましいものであっても避けましょう。
自分ではそのつもりはなくても、新郎新婦が不快な思いをしたり、場をしらけさせることになりかねません。

友人のスピーチ
幼いころの思い出や、学生時代のとっておきのエピソードを披露しましょう。
友人には、新郎新婦の人間性や人柄が浮き彫りになるような、心温まる話が期待されています。
間違っても、過去の異性関係や内輪ウケする話などをして、ひんしゅくを買わないように気をつけましょう。


結婚式の披露宴でスピーチする場合に避けるべき言葉

別れを連想させることば
切れる、破れる、別れる、終わる、離れるなど

不幸を連想させることばば
衰える、倒れる、失う、死ぬ、枯れる、滅びる、苦しい、悲しい、消える、壊れる、など

忌みことばを言い替える例
・ケーキを切る→ナイフを入れる
・去る→行く
・退職する→勤め上げる
・帰る→家路に着く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です