初心者向けのドイツ語の基礎入門


・Hallo,mein Name ist Peter.
(やあ、私の名前はペーターです。)

ドイツ語の「Hallo」は「ハロー」と読み、英語の「Hello」と同じ意味で使われます。

・Mozart ist in Salzburg.
(モーツァルトはザルツブルクにいます。)

ドイツ語の「z」は「ツ」と読むため、「Mozart」で「モーツァルト」、「Salzburg」で「ザルツブルク」となります。

・Schneider ist Student.
(シュナイダーは学生です。)

schは「シュ」と読みますので、英語だと「Englisch」となります。

・Das ist Bach.
(これがバッハです。)

Das ist ~は「これは~です」という表現です。


・Das ist Herr Schuhmacher.
(こちらがシューマッハーさんです。)

Herrは英語の「Mr.」に当たる言葉で、「ヘア」と読みます。

・Das ist Frau Kaufmann.
(こちらがカウフマンさんです。)

女性に対しては名字の前にFrauをつけます。
Frauは「アオ」という感じで発音します。

・Das ist Frau Kaufmann.
(こちらがカウフマンさんです。)

女性に対しては名字の前にFrauをつけます。
Frauは「アオ」という感じで発音します。

・Hier ist Munchen.
(ここがミュンヘンです。)

「Hier ist ~」は英語の「here is ~」にあたる表現です。

・Munchen ist in Bayern.
(ミュンヘンはバイエルンにあります。)

ayはaiと同じく「アイ」と読みます。

・Fischers Fritze fischt frische Fische.
(漁師のフリッツェが新鮮な魚を釣る。)

読み方は「フィッシャース フリッツェ フィッシュト マリッシェ フィッシェ」。


・Mein Vater ist in Wien.
(私の父はウィーンにいます。)

英語と同じく、文のはじめは大文字で書き始め、Wienなどの地名も大文字で書き始めます。

・Sabine ist Studentin.
(ザビーネは学生です。)

ドイツ語では、職業や身分を表すような語には男性形と女性形があり、女性形は「Student」→「Studentin」のように、たいてい男性形に「in」をつけることによって作られます。

挨拶のドイツ語

・Guten Morgen(おはよう)
「グーテン モルゲン)

・Guten Abend(こんばんは)
「グーテン アーベント」

・Auf Wiedersehen(さようなら)
「アオフ ヴィーダーゼーエン」

・Danke(ありがとう)
「ダンケ」

・Bitte(どういたしまして)
「ビッテ」

・Mein Vater ist nicht in Wien.
(私の父はウィーンにはいません。)

nichtは英語のnotにあたり、否定を表します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です