将棋で使われる専門用語集と意味の解説


合駒(あいごま)
飛、角、香で遠くから利かされたとき、取られるのをさけてあいだに打つ駒

悪手(あくしゅ)
局面の本筋から大きく離れた手で、勝敗を左右する

遊び駒(あそびごま)
盤上の急所からはずれた位置にいて、働きのない駒

頭金(あたまきん)
相手の玉のすぐ前に打った金のこと。

(あや)
優劣が決まっている局面をもつれさせようとするきっかけ

居玉(いぎょく)
最初に並べたときの位置のままの玉将


一局(いっきょく)
局後の検討で、実戦以外の有力な変化のこと

いも筋(いもすじ)
理にかなっていない指し手

埋める
相手んも攻めの前に、自陣に金銀を打つこと

上手(うわて)
駒落ちで駒を落とす側

王手(おうて)
玉に取りをかけること

送り
逆のほうから駒を捨て、攻め駒を寄せやすい位置に近づける手筋

囲い
玉を守る城のようなもの

緩手(かんしゅ)
悪手ほどではないが、形勢を損ねる可能性のある手


奇手(きしゅ)
意表をつく発想の手

くり換え
駒組みの形を作り直すこと

小鬢(こびん)
玉や飛車の斜め前の地点

指し切り
攻めが続かず、適当な手がなくなった状態

さばき
駒を好所に移動させたり、相手の駒と交換して高率をよくすること

下手(したて)
駒落ちでハンデをもらう側

質駒(しちごま)
いつでも取れる状態にある相手の駒

縛り(しばり)
直接の王手は避け、相手玉の行動範囲を制約する寄せ手筋


手筋の略語で、もっとも理にかなった指し手

素抜き(すぬき)
相手の駒を飛、角、香で、遠くからタダ取りすること


清算
ぶつかっている駒どうしを全部交換しつくすこと

先手
対局開始時に、先に指しはじめる側。
また中終盤では、戦いの主導権を持とうとする意味に使う

大局観(たいきょくかん)
一部分の戦いにはこだわらず、局面全体を見て判断すること

痛打(つうだ)
相手に大きなダメージを与える急所の一手

継ぎ歩(つぎふ)
相手の歩頭に持ち駒の歩を打つ攻め方

詰み
次にどう応じても玉が取られてしまう状態

投了(とうりょう)
敗戦の意思表示

不成(ならず)
成れる状態の駒なのに裏返さず、表のままで使うこと

裸玉(はだかぎょく)
周囲に守備の駒がなく、危険な状態の玉

待った
一度着手したあとに、ふたたび駒をもとに戻したり変更したりすること

見落とし
相手の好手をうっかりして指し手を選んでしまうこと

指運(ゆびうん)
読みきれないほど複雑で優劣がつかない局面で、選んだ手が偶然好手だったときに使う

落手(らくしゅ)
ふつうならしそうもない大きな見損じ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です