貸借対照表とは何かを簡単に説明、損益計算書との利益計算の違いなど


貸借対照表とは企業の財政状態を表す計算表で、資産、負債、純資産のグループから成っています。
資産は企業に投下された資金の運用形態を表し、負債と純資産は企業に入ってくる資金の調達源泉を表します。

例えば、企業が出資者から資金2000万円の出資を受け、さらに銀行から資金1000万円を借り入れた場合、前者が「純資産2000万円」となり、後者が「負債1000万円」となります。
出資と借り入れは返済の有無により資金調達の性格が異なるので、調達源泉別にこのように純資産グループと負債グループに区別されるわけです。
経営分析などでよく使われる表現では、純資産グループを「自己資本」、負債グループを「他人資本」、全体を「順資本とも呼びます。

企業が資金を調達するのはそれを企業経営に投下・運用して利益を得ようとするからです。
そこで今度はそうした資金の運用形態と状況を示す必要があります。
例えば、出資と借り入れによって調達した資金3000万円を、事務所の購入1500万円、備品の購入200万円、商品の仕入れ500万円、残りを手持ち資金に当てた場合、「現金800万円」「商品500万円」「備品200万円」「建物1500万円」となります。
これらはすべて資産のグループです。
資産はこのように調達された資金がつぎつぎと形を変えて具体的に運用されるその形態を表すことになります。


これらを貸借対照表にすると下記のようになります。

貸借対照表の例1

右側に示された調達源泉から得た資金について、左側でその運用形態を示す形となるので、「資産=負債+純資産」というように左右は同額となります。
しかし、資金の運用が首尾よく行われればやがて利益を得ることができ、左右同額であった状態から期末時点では資産が増大し、左右に差額が生じる状態へと変化します。

貸借対照表の例2

その差額が利益です。利益は元手の増加を意味します。

貸借対照表では、利益は期首純資産が期末純資産んへと増加する形で表されます。


それを等式で示せば下記のようになります。

期末純資産 – 期首純資産 = 利益

貸借対照表で計算される利益は損益計算書で計算される利益と一致します。
損益計算書の利益計算は下記のようになります。

収益 – 費用 = 利益

同じ利益を貸借対照表と損益計算書が示すことを連携といいますが、その計算方法はこのように異なります。
貸借対照表での利益計算方法は財産法と呼ばれ、損益計算書での利益計算方法は損益法と呼ばれます。

財政法による利益は、上記のように期首と期末の時点間のストックの差額から計算されますが、損益方における利益は、期首と期末の期間内での流出入の差額から計算されます。
複式簿記においては財産法による利益と損益法による利益は自動的に一致します。

貸借対照表は、企業の一定時点の断面図ともいえる資産・負債・資本のストックを示すと同時に、そのなかに資本の増加分である利益がいくら含まれているかを表す計算表といえます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です