汚れ落としに使える重曹、クエン酸、エタノールとは


重曹の汚れ落とし効果

最近では環境にやさしいお掃除用洗剤として、日本でも知られるようになってきました。
成分は天然ミネラルなので、使用後に海や川に流れても安全なのです。
パン作りにも使われていて、口に入っても安全です。
炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダ、ベーキングパウダーなど、さまざまな呼び方をしますが、掃除に使うなら掃除用、工業用がおすすめです。

重曹は、弱アルカリ性で、油汚れ、手垢などの汚れに効果的です。
研磨力があるので、穴の開いた容器に入れておき、クレンザーのような使い方もできます。
こげつきや茶渋もすっきり落とせます。
スプレー容器に小さじ2杯程度と水を入れ、よくかき混ぜると、重曹水入りスプレーの出来上がりです。
普段の手垢掃除用洗剤として、お手軽に使えます。
頑固な汚れには、酢を加えると勢いよくあわ立ち、汚れを浮き立たせてくれます。
また、小皿などに粉を入れて靴箱やトイレにおくと、粉がイヤな臭いを吸い取ってくれるので消臭剤としても使えます。

ただし、重曹は、アルミ製品に使うと黒ずんでしまうので注意してください。
また、湿気に弱いので、きちんと密閉できる容器に保存しておきましょう。


酢、クエン酸の汚れ落とし効果

「酢」は料理に使われる調味料ですが、掃除にも使えます。
重曹同様に口に入れても安全なので、掃除にも安心して使えます。
酢はさまざまな種類がありますが、とうもろこしや大麦など、穀物から作られる穀物酢が値段も安くておすすめです。
寿司酢など、砂糖などが加わった酢はお掃除には向きません。
酢のツンとくる独特のニオイが苦手な人は、薬局などで手に入るクエン酸を水で溶かしたもので、同じ効果がえられます。

酢は酸性で、石鹸カスや水垢などに効果的です。
洗面所、浴室など、水周りのお掃除に適しています。
スプレーボトルに3分の1ほど酢を入れ、水で薄めた酢水を用意しておくと便利です。
また、ぬるま湯で薄めるとより効果がアップします。
除菌効果があるため、まな板の除菌、便座まわりの除菌をはじめ、除菌したいもののふき掃除に、また、洗面台や蛇口の水垢もすっきり落とします。
水まわりで、重曹だけでは落ちにくい頑固な汚れには、プラス酢水でしばらく時間を置いてみてください。

ただし、漂白剤やカビ取り剤などの塩素系洗剤と一緒に使うと、有毒ガスが発生し危険なので、扱いには十分注意しないといけません。


エタノールの汚れ落とし効果

お酒の主成分で、エチルアルコールとも呼ばれています。
病院などで使われている消毒液として知っている人も多いと思います。
薬局などで手に入る、80%ほどに薄めた消毒用エタノールが掃除に最適です。
蒸発しやすいので、ガラス製のスプレーボトルに入れ、冷暗所での保存するのがおすすめですが、マメに使うならそこまで保存には気をつかわなくていいでしょう。

エタノールは油を溶かすので、油汚れを落とすのに効果的です。
特に、キッチンでの油汚れのふき取りに効果を発揮します。
速乾性なので、さっとひと拭きで素早く汚れが落ちるうえ、二度拭きも必要ありません。
トイレの便器まわりなど、酢と同じように除菌したいものの拭き掃除にも適しています。

また、カビが気になる場所へあらかじめスプレーで吹き付けたり、ふいたりすることで、カビ予防にもなります。
消毒液ですがお酒が成分なので、食べ物などにかかっても問題ありません。
家電製品の汚れ取りにも便利です。

ただし、揮発性があり、引火しやすいので、ガス台まわりのお掃除に使うときには、特に注意が必要です。
また、ニス塗りの家具やスチール家具、革製品などに使うと、色がはげてきてしまう場合があるので、使用を避けてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です