心臓の働きについて、心臓の構造や動く仕組みとは


心臓が一回に血液を押し出す量は、およそ80ミリリットルです。
一回の拍出漁はそれほど多くないですが、一分間に70回拍動した場合、押し出される血液量は、一日でおよそ8トンにもなります。
そのうえ、心臓は24時間フル稼働していて、まったく休みません。

心臓の大きさは、一般的には、にぎりこぶしほどのサイズで、重さは大きめのリンゴ一個分です。
肺肝臓に比べると、小さめの臓器ですが、全体が筋肉のかたまりで、外側は心膜という袋状の膜が包み、非常に丈夫なつくりになっています。


次に心臓の位置ですが、多くの人は胸の左側、という認識を持っていそうですが、完全に左側にあるわけではありません。
心臓マッサージのときに、左ではなく胸の中央を圧迫するように、胸骨を中心としてやや左寄り、という位置にあります。

心臓の形は、円錐形をしています。
上方が大きく、下方がすぼんだ感じです。
上方は動脈・静脈が出入りしている部分で「心底」といいます。
また、下方のとがった部分は「心尖」とよばれ、医者が聴診器を当てて心音を聴くのは、そちら側です。

心臓は「心室中隔」とよばれる壁で、縦に仕切られています。
左右それぞれに、血液をたくわえる「心房」と、それを送り出す「心室」に区切られ、右心房、右心室、左心房、左心室という4つの部屋をもっています。
このうち、肺に血液を循環させるのは、右側にある右心房・右心室です。
体全体に血液を循環させているのは、左側の左心房・左心室の役割です。

さらに、部屋の中で血液が逆流しないよう、左右の心室の入り口と出口には、それぞれ4つの弁がついています。
この弁が、一方向だけに開閉するようになっているため、心臓内の血液は順路を規則正しく流れることができるのです。


心臓が動く仕組み

人間の心臓は「心筋」という弾力のある筋肉でできていて、その筋肉がギュッと縮むことで、血液を送り出すという仕組みになっています。

ところで、心臓は意識しなくても、勝手にドクドク・・・と拍動していますが、いったい誰がそのような命令をだしているのでしょうか。

じつは、心臓は誰かに命令されるのではまく、自ら収縮を引き起こす刺激を発生させ、心臓全体へと伝えるシステムを備えています。
おの、神経系からの命令なしに、収縮運動を起こす特殊な心筋の集まりを「刺激伝導系」といい、心臓の右心房にある「洞結節」などがこれにあたります。
洞結節は、毎分70回ほどの頻度で収縮運動しつづけることから「ペースメーカー」ともよばれますが、ここで生じた刺激は「房室結節」へと送られ、ヒス束、プルキニエ繊維を経て、心臓全体に伝わります。

この仕組みがあるため、脳が活動停止しても、心臓が拍動し続ける「脳死」のような状態が生まれることがあるわけです。

しかし、全身の組織は、心臓から送られてくる血液から酸素や栄養を受け取っていますが、心臓自身はどこからエネルギーを得ているのでしょうか。
心臓には血液がたっぷり流れているから、そこから拝借していると思われるかもしれませんが、心臓はそこには手をつけないのです。
心臓は「冠状動脈」とよばれる自分専用の血管をもっていて、そこから酸素と栄養を受け取っています。

冠状動脈は、大動脈から枝分かれして、心臓の外側の表面を走っている血管です。
心臓の上にかぶさっているため、「冠」の字が当てられています。

なお、心臓が送り出す血量のうち、もっとも多くの血液を受け取っているのは肝臓で、全体の20~25パーセントです。
次に多いのは腎臓と筋肉で20パーセント、脳も15パーセントを受け取っています。
それに対して、心臓が冠状動脈から受け取っている血液は、全血量のおよそ5パーセントです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です