ストレッチとは、その効用、メリットを解説


ストレッチは体にいいもの、体を伸ばす準備運動、と大抵の人はそんな漠然としたイメージを抱いていると思います。
ですが、具体的にはストレッチにはどんないい効用、メリットがあるのでしょうか。

ストレッチとはその名のとおり、伸ばす行為です。
前屈をしたり伸びをしたりといった動きで、間接を出来る限り曲げたり伸ばしたりすることで、筋肉をその両端から引っ張って伸ばす動きです。

筋肉を伸ばすと体にはいろいろな変化が起こります。
一番の効果は、もちろん柔軟性の向上でしょう。
ここでいう柔軟性の向上とは、筋肉が伸びやすくなるということです。
筋肉がよく伸びることで、間接の動く幅も広がります。


たとえば、足首を曲げるストレッチを行うと、ふくらはぎの筋肉が伸びます。
また、筋肉に比べると伸び方は小さいですが、筋肉の両端にある腱や、間接を安定させる靭帯も一緒に伸びています。
スポーツの事故などで腱や靭帯が切れる、ということがありますが、ストレッチによって普段からこれらの柔軟性を高めておくと、そういった事故のときに切れてしまうというような最悪の事態になる可能性を減らせます。

また、伸ばすことで、筋肉のこわばりが解きほぐせるという効果もあります。
これによって血液循環が促され、コリや冷えなどの不調が解消し、筋肉と体を快適な状態へと導けます。
さらにストレッチは本来、とても気持ちがいいものです。
体がほぐれるだけでなく、精神的なリラックス効果もあります。

あとは、筋肉をつけたい人にもストレッチは重要な要素です。
ストレッチは筋肉をほぐす行為といいましたが、長い目で見れば、ストレッチをしっかりしたほうがしない場合に比べて筋肉がつきやすいことがわかっています。

・ストレッチをすることで、筋肉の柔軟性がアップし、間接の可動域が拡大します。
スポーツパフォーマンスが向上するだけでなく、日常の動作もスムーズにこなせるようになるという効果があります。

・ストレッチで筋肉を伸ばすと、筋肉のこわばりがほぐれます。
血液循環が良くなり、コリや冷え性などの不調が解消され、体のコンディションが高まります。

・ストレッチは、その行為自体がとても気持ちいいもので、精神的なリラックス効果が得られ、しかも安眠を導くという報告もあります。


やわらかい体になるメリット

運動不足が続くと体はどんどん硬くなります。
そして、体の硬さをコンプレックスに感じているという人が、とくに女性を中心に増えているようです。

ストレッチは筋肉の柔軟性を増し、伸びやすくします。
筋肉が伸びやすくなると、その筋肉がつく関節の動ける範囲、つまり間接の可動域が広がります。
たとえば、前屈したときに指先が床に届かなかった人は、ストレッチをおこなうと手のひらまでつくようになるのです。

間接の可動域が広がると動作に余裕ができて、体の動きがスムーズになります。
そうなればもちろん、スポーツパフォーマンスの向上につながるうえ、スポーツ時のケガも起こりにくくなるでしょう。

また、柔軟性の低下は姿勢の悪さを導く原因のひとつになります。
たとえば、太もも裏側の筋肉が硬く張った状態だと、太もも不ら側の筋肉によって骨盤が後ろに引っ張られます。
こうして腰が丸まり、いわゆる猫背の姿勢になってしまうのです。
ストッチでそれらの柔軟性を増すことは姿勢の改善にもつながります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です