おいしい新鮮な野菜の見分け方、選び方のコツ


にんじん

全体的に色が濃く鮮やかで、肌がなめらかでつやのあるものが良いものです。
また、頭部の切り口を見て、中芯の直径が小さなものを選びましょう。

表面にはつやがあり、でこぼこが少なくてなめらかな物を選ぶ。
表面が荒れているものは甘みも少なく味も落ちます。 色が濃く鮮やかなものを選びます。
赤みが強い物ほど、カロテンが多く含まれます。

ほうれん草

緑色の部分が濃く、鮮やかで肉厚で張りのあるもの程よい。

生牡蠣

殻が固く閉じているか、触れただけで殻 が閉じるもの。
乳白色で身がこんもり盛り上がり、つやがあって弾力性の高いもの。
新鮮なものは、貝柱やヒダヒダの部分が乳白色。
黄色がかったり、色が濁っているものは、鮮度が落ちている証拠。


きゅうり

きゅうりは全体的に緑色ですが、しっぽや頭の方に行くと黄色いくなっているものがあります。
しかし、黄色くなっているものは栄養が少ない証拠です。
全体的に濃い緑色のものを選ぶようにしましょう。
全体が濃い色であれば、それだけ栄養が全体に行きわたって豊富である証拠です。

また、キュウリを選ぶさいはヘタの下が硬いかさわってみてください。
水分をたくさん含んでいるということで硬くなっているんだとか。
これはパリッとした食感のおいしいキュウリの証拠です。

小松菜

葉が中央の葉脈を中心にして左右対称の形をしている。
中心の葉脈から左右に出ている葉脈は等間隔でハッキリしているものが正常な状態。葉は大きすぎず、厚めで軟らかいものがおいしい。
濃い緑より薄い緑色の方が、窒素肥料が残っておらず、えぐみがなくおいしい。
茎にハリとみずみずしさがあるものが新鮮。一方で茎が半透明になっているものは痛みはじめています。

トマト

まず初めにチェックしてほしいのが、ヘたです。
へたが青々としていて、みずみずしく、立っているものを選びます。

トマトの鮮度はへたから落ちていくものなので、もしもへたがしなびていたり、しおれていたり、また黒ずんだり黄色くなったりしていたら要注意です。

次のポイントは形。
トマトは丸く球形に近いものほど美味しいです。
逆にいびつな形になってしまっていたり、角ばっていたりするのはお勧めできません。


キャベツ

キャベツは裏返すと、5本の太い葉脈があることがわかる。
この5本を軸として5角形になる。
きれいな5角形になっている場合は肥料の効き具合や根の生育が正常で理想的な生育をとげたおいしいキャベツといえる。
芯は500円玉サイズがよく、これより大きいものは硬いことが多いので注意する。

カボチャ

カボチャは収穫後に数ヶ月間寝かせます。
寝かすことで追熟が進み甘くなりおいしくなります。
新鮮なものより、乾燥した硬いものがおいしいということを覚えておいてください。
ヘタは十円玉大で、枯れた枝の断面もしくはコルクのようになっているものを選びます。
これが、追熟がしっかりとされ、水分が抜けた証となります。

たまねぎ

たまねぎは球形に近いものほどよいです。
平らなものは収穫のタイミングが悪くて熟しすぎているので、傷みも早くなります。

外皮は傷の少ないもの、よく乾燥しているもの、つやのあるものほど良質です。
また外皮に締りがなく、浮かびあがって見えるものなどは、皮の下にカビが生えている可能性があるので注意してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です