ストレス、イライラの解消方法一覧


イラッとしたときはすぐに他のことを考える

人の怒り続けられる時間は20分ほどなため、別のことを考えてその時間をやり過ごせばいつの間にか平常心に戻っています。

ウォーキング

イライラしやすい人におすすめで、体と心はつながっているため、ウォーキングで体がリラックスすれば心もリラックスしてイライラが静まります。
また、歩くことは心のコントロールをするためのセロトニンという脳内物質を増やすことになるためストレス耐性が強くなります。

スポーツ観戦で盛り上がる

白熱する試合を思いきり声を出して観戦することはいいストレス解消方法です。
もちろんスポーツ観戦だけでなく、好きなミュージシャンのライブなどでもOK


ストレッチ

特にデスクワークであまり動かない生活をしている人におすすめです。
ストレッチをすることで体がリラックスし、心もリラックスします。
あまり動けない場合は、イスに座ったまま「伸び」をするだけでも効果があります。

深呼吸をする

呼吸と心には密接な関係があります。
呼吸は心に直接働きかけ、気持ちを安定させる力を持っているのです。

ガムを噛む

ガムを噛むリズミカルな運動は、セロトニンを増やし、たかぶった神経をリラックスさせます。

イライラに効く食べ物

ビタミンB1やビタミンC、カルシウムは、イライラを抑制する効果があり、意識して食べ続けると、イライラを感じにくくなるのです。
ビタミンがバランスよくとれる食品は「玄米」「緑黄色野菜」。
カルシウムを多く摂取できる食品は「ナッツ類」、骨つきでたべられる「魚類」です。


大声で歌う

大きな声で歌えばそれだけでストレス解消になります。
また、好きな歌を歌えば楽しい気分になれて、イヤな事だって忘れられます。
大声で歌う場所が思いつかなければカラオケにいくか、車の運転中に窓をしめきって歌うといいでしょう。

チョコレートを食べる

糖分を摂取すると脳から快楽物質が出て気分がよくなります。
それに、チョコレートは血圧を低くし、緊張を和らげ、リラックスさせてくれる効果もあるのです。

朝の太陽を浴びる

太陽の光を浴びればセロトニンが増えます。
また、眠りをさそうメラトニンはセロトニンから作られるため、朝に太陽の光を浴びれば寝つきがよくなって次の朝もすっきりできます。

笑う

日頃からあまり笑わない人はストレスが溜まりやすいとされているので、少しずつでも笑うように心がけましょう。

涙を流す

感動するイベントに参加して涙を流すことでストレスを発散する「涙活」という方法が話題になったり、笑うことで免疫物質がたくさん分泌されるという研究が注目されたと、ストレス解消法に関する研究が進められています。


部屋を掃除する

部屋が汚いことで絶えず物がなくなりいらいらが募ってしまうことはよくあることでしょう。
部屋を汚くしていることで得られるメリットはまったくないといいきれます。
部屋をかたずけるということを決意するだけでもいらいら解消には十分に効果を発揮します。

愚痴を友達や家族に話す

人は我慢をしているとフラストレーションがたまっていきますが、話を聞いてもらうだけでスッキリするものです。

片目隠し

交互に片目を隠すことで、右脳と左脳を交互に休ませる効果があり、頭をスッキリさせる効果があります。
片方30秒でいいですが、片目を隠しているときは「右脳(左脳)が休んでいる・・・」とイメージするとより効果的です。
ちなみに、左右の脳との対応が逆になるのは首から下ですので、頭部は左右の脳と左右の部位が対応します。

悩みを紙に書く

具体的な悩み事があって、それが原因でストレスが溜まる、という人がほとんどです。
悩みやその具体的な内容、解決策などを紙に書くことで、自分の考えが整理できてやるべきことが明確になり、悩みを解決する一助となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です